下呂温泉

下呂温泉

木曽川の支流、飛騨川の流域に湧く下呂温泉は、江戸時代の儒学者・林羅山が兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉とともに日本名泉に数えたことで知られています。
約1000年の歴史を持ち、開湯当時から湯治客が多く訪れましたが、名古屋から特急で約1時間30分とアクセスもいいことから、今では全国から観光客が訪れる人気の温泉地です。

 

 

下呂温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、疲労回復・病後回復・リウマチ・神経痛などに効用があるとされています。
滑らかな肌触りの湯で、美容や健康づくりにも優れた効果があり、肌がスベスベになります。
無色透明でほのかな香りとまろやかさが特徴の温泉を堪能することができます。
温泉街には外湯を楽しめる共同浴場が3カ所あるほか、散策中の休憩にぴったりな無料の足湯も点在しています。

 

 

豊かな自然に囲まれた下呂温泉は、レトロな温泉情緒が楽しめる観光地で観光名所も多くあります。

 

下呂温泉を訪れたら、まず下呂温泉発祥の地である温泉寺へ行ってみてください。
臨済宗妙心寺派の禅寺で、1671年に建立されて以来、下呂温泉の人々に親しまれてきました。
下呂温泉に古くから伝わる白鷺伝説の薬師如来像が祀られていて、湯治客も多く参拝に訪れる有名なお寺です。
紅葉の名所としても有名で、紅葉のシーズン中には園内がライトアップされ多くの観光客で賑わいます。
またこの時期には書院や中庭も特別公開されるほか、本堂前には足湯が特別に設置され訪れる人を和ませてくれます。

 

 

下呂温泉合掌村は、白川郷などから移築した合掌造りの建物10棟が並び、日本の原風景を再現しています。
「合掌の里」と「歳時記の森」の2つのエリアに分かれていて、それぞれさままな体験を通して飛騨高山の文化に触れることができます。

 

「合掌の里」には重要文化財指定の旧大戸家住宅などがあり、中に入って見学することができます。

 

「歳時記の森」は里山の風景を楽しめるエリアで、土蔵・水車小屋・棚田のほか、下呂温泉の元祖「かえる神社」が祀られています。

 

 

さらに時間に余裕がある方は、縄文公園や中山七里、乗政大滝などの観光名所にドライブに行かれると良いでしょう。
これらのスポットは1年を通じて豊かな自然が楽しめます。