白浜温泉

白浜温泉

白浜温泉は、古くは飛鳥、奈良時代から「牟婁(むろ)の温湯」「紀の温湯」として知られていて、1350年余りの歴史を持つ温泉観光地です。

 

日本三大古湯のひとつであり、三大温泉地にも数えられる白浜温泉は、温泉施設が非常に充実しています。
波打ち際の露天風呂「崎の湯」や、海を眺めながら温泉に入れる「白良湯」、街中にある足湯「白浜銀座足湯横丁」など、さまざまな場所で温泉を楽しめます。
外湯で湯めぐりを楽しむのはもちろん、街中や国道沿いなどに設置された無料の足湯もおすすめです。

 

 

また白浜温泉は、夏になると海水浴客で賑わうきれいな白砂のビーチの白良浜や、日本一のパンダ一ファミリーに会えるアドベンチャーワールドなど、子供も大人も楽しめる観光スポットも充実しています。

 

 

アドベンチャーワールドは、お父さんパンダの永明(えいめい)、お母さんパンダの良浜(らうひん)、2014年生まれの双子・桜浜(おうひん)と桃浜(とうひん)、2016年生まれの結浜(ゆいひん)、そして2018年に生まれたばかりの彩浜(さいひん)と、日本一のパンダの大家族が暮らしています。
ゆっくりと間近でかわいいパンダたちの姿を見ることができ、パンダ好きにはたまらないスポットです。

 

またアドベンチャーワールドには、パンダの他にも約140種1,400頭の動物たちが暮らしていて、イルカやクジラによる大迫力のショーが見られるマリンワールドや、キリンやライオン、チーターなどの陸の動物を間近に見られるサファリワールドなどがあります。

 

さらに、ジェットコースターや観覧車などのアトラクションもあり、サファリ・水族館・遊園地が同時に楽しめる子どもにも大人にもおすすめのスポットです。

 

 

白良浜海水浴場は約620mに渡って真っ白な砂浜が続く海水浴場で、青い海、ヤシの木が並ぶ様子は、まるで南国リゾートのようです。
ハワイのワイキキビーチと友好姉妹ビーチとなっており、一面に広がる白い砂浜は、眺めているだけでも癒されること間違いありません。

 

夏場は海水浴場として多くの人が訪れ、花火大会や盆踊りなどのイベントも行われ、1年のうちで一番の盛り上がりを見せます。

 

 

この他にも白浜温泉には、約4ヘクタールの広さを持つ大岩盤の千畳敷(せんじょうじき)や、千畳敷の南海岸に約2kmに渡って続く、高さ約60mの断崖の三段壁など見どころがたくさんあります。