札幌雪祭りの穴場スポット「札幌市役所展望回廊」

札幌雪祭りの穴場スポット「札幌市役所展望回廊」

札幌の大通公園で2月に開催される札幌雪祭りには、毎年多くの人でにぎわいます。
「大通会場」「すすきの会場」「つどーむ会場」の各会場ではコンセプトが違い、それぞれの魅力があって、訪れる人を楽しませてくれます。
会場を歩くのも良いですが、おすすめの楽しみ方として、札幌市役所の屋上にある「展望回廊」からの見学です。
高いところから見渡せて、地上では見ることができない貴重な景色を楽しめます。

 

 

札幌市役所の19階には、誰でも無料で利用できる展望回廊という展望スポットがあります。
10月末~4月下旬は積雪のため閉鎖していますが、札幌雪祭りの開催期間は、平日のみ特別に開放されています。
市役所の1階は休憩所として開放しており、トイレも利用できます。
大通公園の2丁目に、休憩所の案内として札幌市役所の看板が出ていますが、気付かない人が多いようで、展望回廊が混雑することはなく穴場スポットとなっているようです。

 

 

屋上の展望回廊からは、大通会場の1丁目~3丁目を見渡すことができます。
3丁目にはジャンプ台がありますが、地上からでは一番高いところに立つ選手や、迫力のあるジャンプを見ることはできません。
それを展望回廊なら、上からしっかりと見ることができます。
ただ、雪が降っていると、安全のために取り付けられているアクリル板に雪が付いて、外が見にくい時もあります。
晴れている日は、最高の眺めを楽しめるので、天気の良い日はおすすめです。

 

 

札幌市役所は、札幌雪祭り開催中のトイレ休憩としても最適です。
会場にもいくつかトイレが設置されていますが、公衆トイレということであまりきれいとは言えませんし、トイレットペーパーがなくなっていることもあります。
しかも、外にあるトイレなので、とても寒いです。
札幌市役所のトイレなら室内で暖かく、きれいに掃除がされていますし、トイレットペーパーの補充もしっかりされているので、気持ち良く利用できます。

 

 

商業施設のトイレも利用できますが、何も買わないのにトイレだけ借りることに抵抗のある方もいるでしょう。
札幌市が休憩所として無料で開放している場所なら、気にせずに利用できると思います。
トイレを借りるだけのつもりが、ついでに雪祭りの美しい景色を上から眺められて、得した気分です。
開放的な空間で、さまざまな角度から雪祭りを楽しめる札幌市役所展望回廊に、ぜひ立ち寄ってみてください。