子どもさんが楽しめる「つどーむ会場」

子どもさんが楽しめる「つどーむ会場」

札幌雪祭りの会場は、「大通会場」「すすきの会場」「つどーむ会場」の3つの会場があり、それぞれでいろんなイベントが行われています。
中でも、中心地から少し離れたところで開催されるつどーむ会場は、小さな子どもさんのいるご家族おすすめの内容となっているので詳しく紹介します。

 

 

つどーむ会場は、北海道の大自然で大人から子どもまで雪と触れ合うことをコンセプトとして、札幌雪祭りの第60回となる2009年から始まりました。
「つどーむ」というのは愛称で、正式な名称は「札幌市スポーツ交流施設コミュニティドーム」です。
普段は、全天候型の施設として、軟式野球、サッカー、ソフトボールなど、さまざまなスポーツやイベントで利用されています。
雪祭りでは、広場や駐車場は屋外エリアとなり、雪を使った楽しいアトラクションが用意されており、つどーむの施設内でも、ドーム型の建物の特性を活かした楽しい遊びを体験できます。

 

 

雪を使ったアトラクションの中でも人気なのが、すべり台とチューブスライダーです。
チューブスライダーには、子どもさんも楽しめるファミリーチューブスライダーがあります。
平日でも10分以上、休日は1時間以上も待つことがあるほど人気となっているそうです。
また、小さな子どもさんでも参加できる雪のすべり台もあります。
屋外エリアには、その他にも、雪の迷路や的当てゲームなどもあり、雪があまり降らない地域の子どもさんにとっては、とても良い経験になり最高の思い出になるはずです。

 

 

つどーむの中では、アイスホッケーやリュージュなどのウィンタースポーツをVRで体験できるコーナーや、高い天井を活かした巨大すべり台、楽しいショーなども行われます。
また、アトラクションで楽しめるだけでなく、つどーむ内には、北海道グルメを堪能できる飲食店がたくさん並んでいますし、飲食スペースも広く用意されているので、ゆっくり座って美味しいグルメをいただけます。
さらに、トイレも多く設置されているので、小さな子どもさんがいるご家族も安心して遊ばせます。

 

 

つどーむ会場の最寄り駅は、札幌市営地下鉄東豊線の「栄町駅」で、さっぽろ駅から6駅です。
栄町駅から会場までは徒歩で約15分の距離です。
通常時はバスが1時間に1~2本出ていますが、雪祭りの開催中は増便して運行しています。
また、シャトルバスも運行しており、料金も安く設定されているので、時間を確認して利用してみてください。