関東のおすすめ鉄道博物館その2

関東のおすすめ鉄道博物館その2

さらに関東にある人気の鉄道関連施設を紹介していきます。

 

・東京都にある「東武博物館」。
東武鉄道の歴史、交通の仕組みなど実物の車両や資料によって様々なことが学べる博物館です。
蒸気機関車を始めとして実物の車両が10両ほど展示されています。
東武鉄道本線や東武東上線の路線を体験できる運転シミュレーターもあり子供たちに人気となっています。
大きな鉄道のジオラマも設置されていて、関東平野をイメージして作られています。
実物の運転台を使って鉄道の模型を動かせるので子供たちは喜んで動かして遊んでいます。
さらにこの博物館の魅力は、実際に走っている列車を東向島駅ホームの下あたりにある窓から観察することができます。
入場料は大人が200円、子供が100円とかなり安くてお得です。
夏休み期間でもそこまで混雑することはないと思いますので、子供連れでも安心して遊びにいけると思います。
小学生くらいの子供がいる家族の夏休みの旅行先としておすすめです。

 

・神奈川県にある「電車とバスの博物館」。
電車やバスの実物の車両が見られる博物館です。
乗り物好きの子供がいる人におすすめのスポットです。
夏休みの家族旅行で関東へ行かれる際は、東京の施設と合わせて神奈川にもぜひ立ち寄ってみてください。
子供たちに大人気の運転シミュレーターもあります。
朝のラッシュ時を再現していたり、路線を選べたり楽しい工夫がされた本格的なシミュレーターです。
子供たちが自分でデザインしたオリジナルの電車を運転することができるコーナーもあります。
運転シミュレーターは電車とバスの両方あります。
昭和30年代の改札を再現したコーナーもあり乗り物の歴史も学ぶことができます。
親子でできる工作教室や写真撮影会などのイベントも行われているので夏休みに子供と一緒に参加してみてはいかがでしょうか。
入館料は大人が200円、3歳から中学生が100円です。

 

・神奈川県にある「横浜市電保存館」。
昭和の時代に横浜市内を走っていた市電がテーマの博物館です。
入口を入ると市電の実物車両がずらっと並んでいます。
実物車両の展示やジオラマ展示があります。
夏休みにはキッズイベントが行われています。
イベント期間中は夏休みポイントカードを配布しています。
入館ごとにもらえるスタンプを集めると次回の入館割引特典などが受けられてお得です。
入館料は大人が300円、3歳から中学生が100円です。

 

・栃木県にある「真岡駅にあるミュージアム」。
蒸気機関車の「SLまおか」が運行している真岡駅。
駅に併設された施設には実物の車両が8両展示されています。
ミニSLの乗車体験もできますし、電車運転ゲームが無料でできます。
鉄道のジオラマ、プラレール展示などもあって小さい子供も楽しむことができます。

 

関東県内にはたくさんの鉄道施設があります。
鉄道好きな子供のいる人はぜひこの夏休みの旅行で出かけてみてください。
どの施設も入館料が安いため家族みんなで行っても安く楽しく遊べて旅行を満喫できると思います。