関東のおすすめ鉄道博物館

関東のおすすめ鉄道博物館

子供たちは電車の実物の展示や、リアルな鉄道のジオラマ、運転手体験ができるシミュレーターなどが大好きです。
関東近郊にはこうした鉄道好きの子供たちにおすすめの鉄道博物館、鉄道を展示している施設がたくさんあります。
夏休みの家族旅行であちこち回ってみると楽しいと思います。
関東にあるおすすめの鉄道関連施設や公園をいくつか紹介したいと思います。

 

・群馬県にある「碓氷峠鉄道文化むら」。
元は碓氷線の車両基地だったところへ廃線後に建てられた鉄道のテーマパークです。
敷地内には実物の車両が30以上も展示されています。
この施設の一番の魅力は、電気機関車に乗って運転体験ができることにあります。
本物の電気機関車で体験できるのは日本でここだけです。
運転には普通自動車の運転免許が必要になります。
そのため子供には体験できませんが、お父さん、お母さんが運転する機関車に乗れたら子供にとって旅行のいい思い出になると思います。
もちろん大人にとっても最高の思い出ができると思います。
それ以外にもトロッコ列車が廃線になった線路を使い一部区間を走っていたり、ミニSLが走っていたり、子供も乗車体験できるものがあります。
芝生広場があるためお弁当を広げて家族でランチをするのも楽しいです。
お座敷列車の中で食事することもできます。
売店には釜飯弁当なども売っているので買って芝生の上で食べるのもいいと思います。
鉄道模型が操作できるコーナーもあり、自分の持って行った車両を走らせることもできて列車好きな子供は大興奮だと思います。
入園料は中学生以上が500円、子供は300円、小学生未満は無料です。
夏休み安く遊べて、体験できて、子供も喜ぶおすすめのスポットです。

 

・東京都にある「地下鉄博物館」…日本で唯一、地下鉄専門の博物館はここだけです。
地下鉄の車両の仕組みを学べたり、安全を維持するための技術などを学べたり、地下鉄に関する様々なことを知ることができます。
日本で初めての地下鉄、「1000形」の実物展示がありますし、人気の赤い車体「営団300形」の展示もあります。
運転シミュレーターに関しては、千代田線と銀座線、有楽町線と東西線が用意されています。
東京の地下をイメージして作ってある巨大なジオラマも見ごたえがあります。
入館料は大人が210円、4歳から中学生までが100円となっています。

 

・東京都にある「京王れーるランド」。
子育てファミリーに楽しんでもらえるようにとわかりやすい説明と子供向けの施設を充実させた鉄道のテーマパークです。
親子で鉄道の仕組みを学べたり、子供自身が電車になった気分で遊べる屋内のアスレチックができたり、プラレールで遊べるコーナーがあります。
他にもミニ電車に乗れたり、運転のシミュレーター体験ができたりします。
入館料は3歳以上300円となっています。

 

・東京都にある「青梅鉄道公園」。
蒸気機関車や新幹線0系など11の車両が展示してあります。
ミニSL列車が走っているため子供も喜ぶと思います。
精密に作られた鉄道の車両模型や鉄道のジオラマがありますので大人も楽しめると思います。