東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館

子供の熱中症が心配で夏休みも外で遊ばせるのは心配という人におすすめの家族旅行先が、新宿区四谷にある「東京おもちゃ美術館」です。
丸ノ内線の四谷三丁目駅から、10分程度歩いたら行けるので関東圏の人も関東を訪れている旅行客の人も行きやすい場所にあると思います。
子供はおもちゃが大好きです。
ここ「東京おもちゃ美術館」には世界中のおもちゃがあります。
子供は何時間でも遊んでいられると思います。
室内なので天候も暑さも気にする必要はありません。
夏休み毎日暇そうにしている子供を連れて出かけようというときにもおすすめです。
遊ぶ以外にもおもちゃを自分で作れる体験コーナーもありますので小学生くらいの子供にもおすすめです。
夏休みの自由研究にも利用できると思います。
親としては遊びながら宿題の題材も集められて一石二鳥です。

 

館内には様々なおもちゃがあります。
赤ちゃんから大人まで様々な年齢層の人が楽しめる場所です。
木育ひろばでは、木の香りに囲まれて靴を脱いで遊ぶことができます。
全面床が木の広場で、赤ちゃんはトンネルをくぐったり赤ちゃん用のおもちゃを使ったりして遊ぶことができます。
1歳児や2歳児はままごとなどでごっこ遊びをしたり、お手玉など昔ながらの伝統的なおもちゃで遊んだりすることができます。

 

3歳から5歳の子供はままごとなどでごっこ遊びをしたり、おもちゃを作ったりすることができます。
おもちゃ工房では、3歳以上の子供は1日1人1個だけ無料でおもちゃを作ってお土産にすることができます。
夏休みの思い出に残ること間違いなしです。

 

小学生の子供は、珍しい世界のおもちゃを見たり、遊んだり、世界のアナログゲームで遊んだりするイベントに参加できます。
もちろんおもちゃを作ってお土産にする体験もできます。
小学生になるとさらにおもちゃで遊びながら科学を学べるコーナーもあります。

 

東京おもちゃ美術館は、10時から16時まで開館しています。
休館日は毎週木曜日ですが、祝日の場合は開館しています。
入館料は6ヶ月~小学生までが500円、中学生以上は800円です。
おとなとこどものペア券は1,200円なので少しお得です。
新宿区民の人は200円引きになるためお得に利用できます。