水族館のナイトツアー

水族館のナイトツアー

ここ数年、関東エリアにはたくさんの水族館がオープンしました。
品川にあるアクアパーク品川、池袋のサンシャイン水族館、鎌倉の新江ノ島水族館など、従来から関東エリアに存在している人気の八景島シーパラダイス、鴨川シーワールドと合わせるとかなりの数の水族館があります。
水族館は大人も子供も楽しむことができます。
そのため子供連れのファミリーにもカップルのデートにも人気のスポットです。
特に夏休み期間中は暑いため、エアコンのきいた涼しい水族館は旅行客も増えて多くの人で賑わいます。

 

そんな中、近年、夏休み期間中に一風変わった催しが水族館で行われています。
それが「ナイトツアー」です。
普段は入ることのできない、閉館後の水族館へ入ることができます。
昼間とは違った生き物たちの姿を見ることができますし、普段は立ち入ることができないバックヤードを案内してもらうことができるため貴重な体験をすることができます。
夕食を魚たちに与えることができるなど実際に子供たちが生き物たちと触れ合えるように工夫しているツアーもあります。
子供たちの夏休みの自由研究の題材としても最適です。
事前予約が必要ですから、旅行前に予約をしておきましょう。

 

関東エリアでナイトツアーやナイター営業を実施している水族館を紹介します。

 

・「すみだ水族館」…東京スカイツリーの開業したとき同時にオープンした水族館です。
昼間は子供連れなど多くのファミリーで賑わっていますが、夜になると都会のオアシス的スポットとなり多くのカップルが訪れています。
水族館は毎日18時から照明がゆっくり暗くなってまるで太陽が沈み夜になったかのような雰囲気になります。
青い照明がきらめいて落ち着いたBGMが流れ幻想的な空間となります。
昼間水の中で泳ぐことが多いペンギンも夜には陸へあがるので昼間とは違った姿を見ることができます。
飼育員と一緒に双眼鏡でペンギンを観察しながらペンギンプールの周りを巡る夜のワークショップも行われています。
すみだ水族館では水槽を眺めながら飲食ができるため、施設内で販売されているビールやカクテルなどを飲みながら水槽の前でゆっくりと過ごすことができます。
子供たちは幻想的な夜の水族館を楽しめて、大人はゆったりとした時間が過ごせる最高の施設です。