東京ドームエリア

東京ドームエリア

野球好きにはたまらない、一度は訪れてみたい「東京ドーム」。
東京ドームエリアには、東京ドームだけではなくたくさんの施設があります。
関東圏外から東京に夏休みの家族旅行で訪れる人にこのエリア一帯の施設をおすすめします。

 

東京ドームエリアには、「東京ドーム」、「東京ドームシティ」、「スパラクーア」、「ASOBono!」などがあります。
2019年3月末には東京ドーム内に「グルメストリート」がオープンしています。
東京ドーム内の1Fに24店舗の国際色豊かなお店が並んでいます。
様々なグルメを味わえるエリアです。
ASOBono!は屋内型の子供向けの施設です。
プラレールやおもちゃで遊べたり、滑り台が滑れたり、ボールプールで遊べたり、子供を安心して遊ばせることができる楽しい施設です。
関東エリアでも随一を誇る広さがありますので、子供と一緒に大人も楽しめる施設です。
夏休み期間には毎日にようにあちこちでイベントが開催されます。
子供の興味を持ちそうなイベントに合わせて夏休みの旅行を計画するといいかもしれません。

 

他にも、ボーリングや卓球上、ローラースケート場、スポドリなどもあるため、子供と一緒に大人もたくさん体を動かして楽しめる旅行になると思います。

 

東京ドームでは野球の試合が行われているときはもちろん野球観戦を楽しめます。
旅行日に野球がやっていなくても、東京ドーム内の見学ツアーが開催されていれば中に入って施設を見てまわることができます。
見学ツアーは1ヶ月に2回くらい行われています。
見学ツアーの所要時間は45分で、スタンド席やグラウンド、さらに普段は立ち入ることができないバックヤードにも入ることができます。
定員は各回80人で、料金は4歳以上で1人1,000円かかります。

 

東京ドームシティでは2019年夏も注目のイベントが行われます。
人気のワンピースとコラボしたリアル脱出ゲームが2019年7月13日から9月23日まで行われます。
小さい子供から小学生には、楽しい水遊びができる「わくわくウォーターガーデン」がおすすめです。
プールとは違って水遊び広場なので、小さい子供でも気軽に楽しむことができます。
入場料は1歳から小学生の子供が60分1,100円で、付き添いの保護者は入場無料となっています。
2019年は7月13日から9月1日まで朝10時から17時まで行われています。
床から噴き出す水や、不思議な泡で泡まみれで遊べるエリア、スライダーなどがあります。